業務用の洗剤、消毒液、せっけん液などをより良い価格、より良いサービスでお届けします。
 
ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター

お気に入りに追加する

     
ばんそうこう
機能性ばんそうこう
滅菌ガーゼ、パッド
綿棒、カットメン
各種包帯
サージカルテープ
消毒液、清浄綿
歯垢染出、歯ブラシ
冷却、温熱用品
マスク、手袋
体温計、つめきり
石けん・石けん液
手指消毒、除菌剤
DPD水質検査
トイレ洗剤、消臭剤
殺虫剤
その他
 
 
 
 
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
 


 
  お問い合わせ

    ・アレルギー情報
    ・ナンプレ解答
 
 
 
会社紹介
 
 
  

第一  店舗販売業の管理及び運営に関する事項

許可の区分の別

店舗販売業

開設者の氏名又は名称、
その他の店舗販売業の
許可証の記載事項

開設者氏名

株式会社新星医薬商事

店舗の名称

株式会社新星医薬商事

店舗所在地

千葉市中央区都町1280番1

許可番号

千保 第0002号

発行日

平成27年5月1日

有効期間

平成27年6月1日〜平成33年5月31日

取扱品目

第2類医薬品及び第3類医薬品

所管自治体

千葉市保健所

店舗の管理者の氏名

森本 一成 (指定第2類、第2類、第3類医薬品販売、情報提供、相談、在庫管理)

当該店舗に勤務する薬剤師又は登録販売者の別及びその氏名

登録販売者

森本 一幹
(指定第2類、第2類、第3類医薬品販売、情報提供、相談、在庫管理)

二瓶 敏彦
(指定第2類、第2類、第3類医薬品販売、情報提供、相談、在庫管理)

秋山 孝広
(指定第2類、第2類、第3類医薬品販売、情報提供、相談、在庫管理)

取り扱う要指導医薬品及び一般用医薬品の区分

指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品

当該店舗に勤務する者の名札等による区別

登録販売者・「登録販売者」の文字と「氏名」を記載した名札

その他の者

・上記以外のユニフォーム(ワイシャツ、スーツ等)

通常の営業日及び営業時間

月曜日〜金曜日    9:00〜12:00   13:00〜15:30

通常の営業日及び営業時間外で相談できる時間

平日(月曜日〜金曜日)   9:00〜12:00   13:00〜15:30

通常の営業日及び営業時間外で医薬品の購入又は譲受けの申込みを受理する時間

平日(月曜日〜金曜日)    15:30〜翌9:00

相談時及び緊急時の連絡先

1 株式会社新星医薬商事
電話番号:043.−231−.4522.   メールsupport@hokensitu.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二  要指導医薬品及び一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品の定義及びこれらに関する解説

要指導医薬品

次の,らい泙任坊任欧覦緻品(動物用医薬品を除く)のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なもの。

  1. その製造販売の承認の申請に際して薬事法第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過していないもの。
  2. その製造販売の承認の申請に際して、,坊任欧覦緻品と有効成分、分量、用法、用量、効能、効果等が同一性を有すると認められた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過していないもの。
  3. 薬事法第44条第1項に規定する毒薬
  4. 薬事法第44条第2項に規定する劇薬

第1類医薬品

その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、その使用に関し特に注意が必要として厚生労働大臣が指定したもの。また、その製造販売の承認の申請に際して薬事法第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過していないもの。(特にリスクが高いもの)

第2類医薬品

その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品(第1類医薬品を除く)として厚生労働大臣が指定するもの。(リスクが比較的高いもの)また、その中でも、特別の注意を要するものとして、厚生労働大臣が指定するものを「指定第2類医薬品」という。

指定第2類医薬品

第2類医薬品のうち、特別の注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの。

第3類医薬品

第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品。
その副作用等により日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調や不調が起こるおそれがある医薬品。
(リスクが比較的低いもの)

要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品の表示に関する解説

(算用数字の場合) 一般用医薬品のリスク区分ごとに、「要指導医薬品」、「第1類医薬品」、「第2類医薬品」、「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については、「第2類医薬品」の「2」の文字を枠で囲みます。 一般用医薬品の容器、被包に直接記載する方法で表示します。容器、被包への直接の記載が外部から見えない場合は、外箱など、外部から見える場所にもあわせて記載します。

 (漢字の場合) 一般用医薬品のリスク区分ごとに、「第一類医薬品」、「第二類医薬品」、「第三類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。第二類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については、「第二類医薬品」の「二」の文字を枠で囲みます。 一般用医薬品の容器、被包に直接記載する方法で表示します。容器、被包への直接の記載が外部から見えない場合は、外箱など、外部から見える場所にもあわせて記載します。

要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品の情報の提供に関する解説

要指–医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品及び第3類医薬品は、それぞれ情報提供の義務及び対応する資格者に違いがあります。※登録販売者:資質確認のための都道府県試験に合格し、登録を受けた専門家です。

 

要指導医薬品

第1類医薬品

第2類医薬品

第3類医薬品

情報提供
の方法等

対面・書面(義務)

対面・書面 (義務)

対面・口頭 (努力)

規定なし

相談応需
の方法等

対面・電話(義務)

対面・電話・ネット・文書(義務)

対面・電話・ネット・文書(義務)

対面・電話・ネット・文書(義務)

対応者

薬剤師

薬剤師

薬剤師
※登録販売者

薬剤師
※登録販売者

要指導医薬品の陳列に関する解説

要指導医薬品は、要指導医薬品陳列区画内に陳列しています。ただし、かぎをかけた陳列設備その他医薬品を購入し、若しくは譲り受けようとする者又は医薬品を購入し若しくは譲り受けた者若しくはこれらの者によって購入され若しくは譲り受けられた医薬品を使用する者が直接手の触れない陳列設備に陳列する場合はこの限りでありません

指定第2類医薬品の陳列等に関する解説

指定第2類医薬品は、購入者に対して情報を提供するための設備から7メートル以内の範囲に陳列しています。ただし、かぎをかけた陳列設備に陳列する場合又は指定第2類医薬品を陳列する陳列設備から1.2メートル以内の範囲に一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けようとする者又は一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けた者若しくはこれらの者によって購入され、若しくは譲り受けられた一般用医薬品を使用する者が進入することができないよう必要な措置が採られている場合は、この限りではありません。

指定第二類医薬品を購入し、又は譲り受けようとする場合

指定第二類医薬品を購入、又は譲り受けようとする場合、指定第二類医薬品の禁忌を確認させていただきます。また、当該指定第二類医薬品の使用について、薬剤師又は登録販売者に相談することをお勧めします。

一般用医薬品の陳列に関する解説

1 第一類医薬品は、第一類医薬品陳列区画内に陳列しています。ただし、かぎをかけた陳列設備その他一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けようとする者又は一般用医薬品を購入し、若しくは譲り受けた者若しくはこれらの者によって購入され、若しくは譲り受けられた一般用医薬品を使用する者が直接手の触れられない陳列設備に陳列する場合は、この限りではありません。
2 第二類医薬品と第三類医薬品は、それぞれが混在しないように陳列しています。

医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説

医薬品を適正に使用していたにもかかわらず、副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費・医療手当・障害年金などの給付を行う制度です。救済の認定基準や手続きについては、次の機構にお問合せください。
「独立行政法人 医薬品医療機器総合機構」ホームページ http://www.pmda.go.jp/index.html
救済制度相談窓口電話:0120-149-931(9:00〜17:30)

個人情報の適正な取扱いを確保するための措置

販売記録等の個人情報については、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)及び「医療・介護関係事業者における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」(平成16年12月24日付け医政発第1224001号・薬食発第1224002号・老発第1224002号厚生労働省医政局長・医薬食品局長・老健局長通知別添)に従い、適切に取り扱います。

その他必要事項

1 株式会社新星医薬商事   電話:.043.-.231.-.4522.(8:30〜18:00)
2 千葉市保健所総務課薬務係 電話:043.-238.-9967.(8:30〜17:30)

 

【返品について】

医薬品に関しまして、開封後はお客様のご都合による返品はお受けしておりません。

【医薬品のお問い合わせに関して】

医薬品のお問い合わせに対する当社の薬剤師、登録販売者からの回答は、アドバイスまたは情報提供行為であり、診療行為もしくはこれに準ずるものではありません。医薬品のご購入、ご使用にあたっては、医薬品の使用上の注意をお客様ご自身でよくご確認いただきますようお願いいたします。当社では医薬品のご購入に関連するご相談以外のお問い合わせは原則お受けしておりませんのであらかじめご了承ください。

【医薬品の掲載情報に関して】

掲載されている商品に関する情報は、随時最新のものに更新するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。実際の商品の添付文書等の記載と異なる場合や可能性もございますので、ご購入後は必ず製品ラベルや付属の添付文書等をよくお読みいただいた上で、ご使用ください。詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。

 

第三  特定販売の広告に表記すべき事項

勤務する資格者

登録販売者

森本 一成、森本 一幹、二瓶 敏彦、秋山 孝広

特定販売を行なう一般用医薬品の使用期限

使用期限が半年以上の製品を販売します。製品自体の期限設定が短い(半年以下の)製品に関しては2ヶ月以上の製品を販売します。

販売方法の概要

1.インターネット 2.カタログ
3.ダイレクトメール 4.お届け荷物への同梱チラシ


四    実店舗の写真